一里塚本業窯 深中皿
5f1dd7d8d7e1d87d1717edec 5f1dd7d8d7e1d87d1717edec 5f1dd7d8d7e1d87d1717edec

一里塚本業窯 深中皿

¥3,080 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

一里塚本業窯の「麦藁手」 産地としての瀬戸を代表する柄、麦藁手(むぎわらで)その縦縞のストライプ文様が麦の穂のように見えることから、麦藁手と呼ばれるようになったと言います。馬の目とともに、瀬戸の民藝を代表する絵柄、すぐそこにあった身近な絵柄でありました。やはり江戸後期に流行した文様です。鉄と朱赤が使われています。単純ながらもよく見ると瀟洒な佇まいが楽しめています。古民芸の優れた焼き物表現の基本として、この絵柄は日本民藝館のコレクションの一つとなっています。つまり柳宗悦も愛した絵柄です。また工芸を愛し続けた白洲正子も好んで使っておられた柄です。瀬戸の骨董で優れた作品と言えば必ず、この文様は出てきます。 一里塚本業窯 麦藁手 深中皿 高さ:約50mm 口径:約145mm [お客様にご確認いただく事項] 一つ一つは作家、職人の手により作られています。表示していますサイズや、容量などは個体差によって異なりがあります。 また作家によっては創作性の高い商品もございます、表現そのものが個性であるものも多く、誤差も生じますことをご理解くださいませ。 不良品以外の返品、交換はご容赦くださいませ、お受け出来ません。 写真は照明等によって実際の色と異なる場合がございます。 気に入ってお使いいただくためにも、もしご質問等がおありの場合は事前にメールアドレス宛にご質問くださいませ。お返事させていただきます。