NEWS

一ツ松綾乃の白泥をキャンバスにした陶芸

美しい一ツ松綾乃の急須。朱泥、紫泥、白泥の白泥。
白泥(はくでい)とは朱泥を焼く土より酸化鉄の含有量の少ない白粧土のことを言います。一見すると磁器に見えますが。
磁器ではなくて白泥からろくろで作ります。さらに独特の技法として、筆で上絵付けするのではなくて、あらかじめ目の粗い和紙に描いた紋様を切り取り、素地急須の上に載せて、さらにその上から顔料を染み込ませることによって、上絵付けと異なる、滲んだ独特のアーティスティックな表情が生まれています。アートですね。白泥を白いキャンバスに見立てるという意味において、無限の創作性を感じさせる技法だと思います。色々な表情を急須の内と外に表現できます。さすが基礎が違う「とこなめ陶の森研修工房」の卒業生で、これからの活躍が期待される女性作家さんです。常滑急須に新しい世界、表情を。