NEWS

一里塚本業窯

一里塚本業窯の「馬の目」
江戸時代後期に瀬戸・美濃地方で製作された盛り付け用の皿、渦巻き文を周りに配置する特徴から馬目皿(まのめざら、あるいは、うまのめざらと呼称)呼称には諸説ありますが、この手の皿が馬の目と呼ばれるようになったのは明治以降と言われています。
日本における陶磁器の発祥地の一つといわれる瀬戸。焼き物が一般名詞化したことからもそれが伺える「せともの」の語源となったところです。その300年前から昔ながらの瀬戸の手法を守り続ける本業窯は親戚関係で二つあります。そのうちの一つが「一里塚本業窯」です。白の美しさが特徴の瀬戸の土と、300年守り続けた伝統のろくろの技術はいまも健在で瀬戸独特の用の美を今に伝えている貴重な窯です。その中でも、瀬戸と言えば「馬の目」と言われています、江戸時代からの模様デザインでありながらどこかしら、特に一里塚さんの馬の目はアート性の高い、モダンな表情を現代に繋いでいます。価格も民衆的工芸を踏まえた、用の美を意識したものになっています。