NEWS

瀬戸一里塚本業窯の馬の目は江戸後期に流行った。

「せともの」の本物、瀬戸1000年の歴史の代表作、やがて人が集まれるであろう時に使える、テーブルにクリエイティブが生きる。瀬戸民藝の基本。ひとつは持ちたいものである。価格も民藝らしく適価である。創造と価格の高いバランスが取れている。全て手でロクロを引いている手間と時間がかかる、熟練もいる、しかも日本で作っているのにである。本物に触れていただきたい。ルーツからの血筋の家柄、水野さん。